少人数制を大切にしています


スポーツジムや、公民館などで10人以上で行われているレッスンでは一人一人の方に必要なレッスンは行えません。

もちろん効果がないという訳ではありませんが、生徒さんが正しく理解し実践している事が大前提になってきます。ただ、正しい理解をしていくには自分の身体の癖や筋肉のバランス、関節の可動域など様々な角度から理解する必要があります。何となくポーズや動きの外から見た形を真似しているだけでは本来得たい効果の半分以下の効果しか得る事ができません。

私自身、大人数のレッスンを過去に自分自身も行い、かつ生徒としても数多く受けてきました。そこでいつも、「わかったようなわからないような」「わかったふり」をして動きを行う事に疑問を感じていました。そこで、現在は少人数制で行うレッスンに切り替える事で、細かく確認をしながらお客様の身体を見てアドバイスを行えるようになり、例えば足が伸ばせない、正座が出来ない方が徐々に足が伸ばせる様になったり、腰痛でヘルニアを何度も経験されている方が腰が痛い事を忘れるくらい腰への負担が軽減されたり、不眠で悩んでいた方が、寝付きが良くなったりされていらっしゃいます。みなさまの身体の変化がしっかり感じられるレッスンを行う事を大切に考えています。